×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

概要

モップと感慨

ウェットモップは基本的に長い柄と水を吸収する分厚くて柔らかな繊維から構成される。床を奇麗にするために、モップはバケツの中の水に浸され、床に擦りつけられる。バケツの中には床が水浸しにならないよう、絞り器の付いたものもある。液体が零れた場合にもモップが使われる。

はたき(ハタキ)は、棒などの先に、束ねた布やビニールや羽などを取り付けた清掃用具の一種である。布を取り付けたものは布はたき、羽毛を取り付けたものは毛ばたきと呼ばれる。

もともと古着や古布を再利用(再使用)して雑巾がわりにするものである。また、分別収集などゴミを資源として収集する制度が盛んな地域では、古着・布製品として収集されたものの一部がウエスとして流通している。これらは主に工業分野で、機械設備を整備するために利用されている。また、布製品の製造過程で出るはぎれもこういったウエスに利用される。

また、はじめからウエスまたは布を製造するため、コットンから糸をつむいで布を編む専用のラインを持つ工場が国内外にはあるが、コットン原料の供給に関して、日本はこれを中国に依存している。 本来であれば、糸をつむぎ、布を編み、ウエスとする。これを以て“バージンウエス”と、呼ぶべきであるが(狭義)、実際には未使用の程度により、リサイクル布とバージン布を区別している。(“バージンウエス”は必ずしもウエス用に作られたものではない。余剰品ないしは、副産物もある可能性がある。)製造工程にて布を漂白する場合があるが、新品ウエスの吸水性をなくす(撥水する)可能性が高い。そのため、漂白後に必ず洗浄が必要となる。 漂白は日本人好みの白を再現させるためであるが、コスト高となるため、生成りも商品として存在する。

さまざまなモップ

モップも、古くはその性能の向上が求められた時代があった。もしくはその利用において、いかに効率良く使うかの発展がみられた。例えば、モップ自体を洗う桶には水を絞る装置がつけられたり、回転して水気を飛ばすような装置が付けられたりもした。その後、さらにモップの進化は別の路線を歩み、今では自動でモップがけを行うような電化製品まで出てきた。たかがモップと言うなかれ、まだまだ現代の掃除用具としては外せないアイテムであることには変わりない。

モップと光通信技術の知られざる関連性

光通信技能がもたらした世の変換や刺激って何でしょう。日本全土で高速なデータを通信でき何者でも真新しいのインフォメーションを取得できる光が早くなったため携帯のバックも太くなりいつでもどこでも何者とでもつながるようになった。携帯で動画を遅れるようになった。変換して悪かったことってありますか?ライン殺人となり事件がおきた。ネットでいじめが起きて自害する人となりが多くなる。私宅に帰ってもなりわいをさせられる人となりが増えて自害が増殖したなど。


since2010 © モップについて